自作の年賀印刷

自分で年賀状印刷をする場合、コストが安いのは大きなメリットです。パソコンとプリンターさえあれば、ハガキ代とインク代しか費用はかかりません。リーズナブルに年賀状印刷をしたい人にはおすすめでしょう。

特に、最近のインクジェットプリンターは高画質です。写真を撮影しても、昔のプリンターのように色が濁ったり、写真の画素数が粗かったりすることはありません。自作でも高画質な写真を年賀状に利用できるので、夫婦やお子さんとの写真、定番の富士山、その他趣味の写真などを使い、おめでたい雰囲気を演出することができます。

自分で印刷するときのデメリットはなんといっても時間がかかることです。家庭用のインクジェットプリンターは、印刷スピードもそこまで速くありません。印刷自体に時間がかかってしまいます。さらに、印刷に失敗した場合はハガキが無駄になってしまいます。自分のことを人件費で考えた場合、かえって割高と考えられるかもしれません。また、デザインセンスに自信がない場合、見栄えの悪い年賀状になるリスクもあります。

年賀状印刷を自分でやるのは一長一短です。これらのことを頭に入れたうえで、自作で年賀状印刷を検討してみてください。